社員インタビュー

レカム株式会社 直営統括部 東京支店 係長 更谷 洋祐

社員インタビュー

入社のきっかけは元々私の中では、営業は一番ない仕事でした。しんどい・難しい仕事と捉えていました。ものづくりと言いますか、子供の頃から何かに集中して形にすることに喜びを感じるタイプでしたので、大学は芸術大学に進みました。ただ、レベルの違いを痛感させられたというか、全然通じませんでしたね。作品を作りプレゼンするほうが楽しい+自分に合っているのかなと考えるようになりました。説明会に参加した際に社長がすごく実力主義を熱弁されていて・文系でもなく・理系でもなくキャリアがない人でもゼロから試せると。自分をこの会社で試してみたかった。それが一番の志望理由ですね。

インタビューの様子1

情熱研修今はありませんが、私が入社した時の研修は情熱研修という一泊二日の無茶難題を答えていく、新人研修がありまして、学生から社会人への切り替えが大変でした。一種の変な空気が出来上がっていましたね。うまくごまかせる人とか、回転の早い人も全員が魂でぶつかる。社会勉強としてはすごくよかったのかなと思いますね。

若いチームでの経験支店長は26歳。先輩社員が26歳、私と同期が2年目の4人。これでやったらかっこいいなという背景がありうまく行きました。新規開拓部署でしたが、若いメンバーで尚且つ少ない人数でしっかり結果を出すと、自然に長野はすごいねという社内評価につながりました。

働く上で大切にしていることまわりが見えている人が 売れているのかなと思います。空気が読めて行動ができる人。困っている人を見たりすると、自然にフォローできる人は、お客様先でも気づきがあります。視野を広くすることを一番大事にしています。また聞くことが全てだというのもありますね。マネージメントする上でもまずは本音を引き出し、その中で的確にアドバイスしたいと思っています。
伸び悩んでいる人は現場ですごい緊張している子が多いように感じますね。悩む真面目な子であればあるほど、「あれやらないと」「これ言わないと」とパニックになってしまうんですね。いい意味でも悪い意味でも自分らしさを出せるように、サポートしていきたいです。

今後のキャリアビジョン純粋にグレードを上げることですね。結果を出してグレードをあげていく。役職だけではなく、精神的支柱と言いますか頼られる存在になることを目指しています。また会社の人数を増やしたい。下の追い上げや切磋琢磨できる環境が出来れば「足す」じゃなく「掛ける」に変わると思いますので、いい意味での相乗効果が生まれてくると思います。

インタビューの様子2

「キャリアがない人でもゼロから試せる。役職だけではなく皆から頼られる存在を目指したい」

求める人物像交流が好きな人、気軽にコミュニケーションをとろうとしてくれると個人的にうれしいです。思っていること何でも話してくれれば。若いメンバーが多いので新しいものを取り入れようとする意識が高いので若い人の意見を積極的に取り入れようとしています。ギスギスしている雰囲気は絶対いやですね。

入社を目指す方へメッセージ 何と言っても営業は社長と会える仕事です。大企業や中小企業・第一線で活躍しているTOPの人と対等に話せるのは、普通では考えられない、ものすごく良い経験になります。

他のインタビューを見る

レカムに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。皆さまにお会いできることを楽しみにしております。
募集要項や選考基準についての詳細はこちらからご覧いただけます。