社員インタビュー

レカムジャパン株式会社 情報通信事業本部 東京第二支店 支店長 津山 留美子

社員インタビュー

インタビューの様子1

入社のきっかけ会社説明会で伊藤社長が「会社の基盤になるものはまず営業力、どんな会社に行っても営業力は必要だ」という話がありました。レカムでは業種問わず幅広いお客様、経営者様と商談することが多く、貴重なお話を聞く機会があります。そこで営業力を培うことができ、仕事しながらスキルアップできるところに魅力を感じました。

求める人物像・どんな人と働きたいですかコミュニケーション能力のある方、専門知識よりもまずはお客様と『笑顔』で会話が出来ること。シンプルですがお客様以外にも取引会社や工事会社など、日々コミュニケーションをとりながら仕事を進めています。

活躍出来る人の傾向コミュニケーション能力も大事ですが相手の状況を読んで想像が出来る人、話すスキルよりも聞くスキルが上手な人はお客様からの印象も良く、頼られる存在になります。そして『笑顔!』があれば、活躍できること間違いなしです!

インタビューの様子2

「海外事業やBPO事業など、新事業での活躍が期待できると実感!」

レカムの魅力今までは通信事業が中心でしたが、海外事業やBPO事業など、今後は新事業での活躍が期待できると実感しております!営業同士の仲の良さや年齢に関係なく、飲み二ケーション、社内コンパなどを通して、悩みを相談したり息抜きをすることで、メリハリある職場環境になってます!

印象、思い出に残っている出来事3か月間の売上と商品件数を競って全国のナンバー1を決めるチャンピオンズカップというコンテストが年に1回あります。入社6年目の時に優勝できる可能性が見えてきて、お客様にこのイベントのことを話すと、協力するよ!と契約をしていただけました。3か月間で売上約2,400万円で優勝することができ、副賞の海外旅行にも行けて海外好きな私としてはいい経験となりました。何よりも5年間数字が上がらなかったり、自分の能力の低さでお客様を怒らせてしまったり5年経っても自信が持てずにいましたが、結果が出せて今までお世話になった方々へ最高の形で恩返しができたことが嬉しかったです。

入社を目指す方へメッセージ何をしたいかということも大事ですが、「どんな環境、どんな人と働けるか」も大切です。何を一番重要視するかはそれぞれですが、どんな仕事でも辛い場面はあります。それを乗り切れるか乗りきれないかは一緒に働く人たちの存在が大きかったりします。そして今は海外事業部の勢いがいいので、まずはアジアを舞台に働いてみたいと思う方には大いにチャンスがある会社だと思います。是非レカムの存在を日本だけでなく世界に発信できるよう、色んな視点を持った方々と働ける職場にしたいので、皆さんの入社をお待ちしております!

他のインタビューを見る

レカムに興味をお持ちいただき、ありがとうございます。皆さまにお会いできることを楽しみにしております。
募集要項や選考基準についての詳細はこちらからご覧いただけます。